トップ > コラム > コラム No.98
 
トップ > コラム > コラム No.98

#98 / 2001.11.05

RedZone

高回転まで回してみることは大事です。

日本ではあまり回すなと教えられます。
たしかに回転音はうるさくなるし、スピードは出ます。
しかしこれは、非常に日本的な思想ともとれます。
例えば、イタリア車のような欧州車は、高回転までまわすといいます。
そうしないと、あとあとエンジンが回らなくなるからです。
坂道も多く合理的で小排気量車が好まれる欧州では、中高回転で走るのが一般的なようです。

日本人はとても女性的な発想をする民族だと思います。
なぜなら和を重んじ、助け合いをよしとする文化だからです。

いかに衝突を起こさないか、いかに話し合いで解決を試みるか。
衝突をうまく避ける事を教えるのです。確かにこれは大事なことです。

しかし、和を乱された時には、ひどく脆いのです。
スピードを制限速度以上に出すクルマ。
路側帯をはみ出して走っている自転車。
赤信号なのに、誰かに連られて渡り出す歩行者。

こういった安定を破る人が現れたときに、どうしたらいいかを教えてくれない文化でもあります。
「そう言うのはよくない、話せばわかる」という姿勢だと、話してもわからない相手の時どうするのでしょうか。
もし、武装した者に話し合えばわかると近づいたりしたら、それこそ殺されかねないこともあるでしょう。

ここで話し合い、つまり「和」重視の上をいく、2つの考えを挙げます。

まず、いざ衝突したときどうするかを教えてあげるのがいいと思います。
相手を傷つけないケンカもしくは口論の仕方、自分のこぶしを傷つけない方法などいろいろ。
これは「和」重視から1歩すすんだ、「衝突後」重視の考えです。

でも、いちいち衝突していたら体が持ちません。
そこで、「衝突後」重視のさらに上をいく「回避」重視の考えです。
例えば、詐欺師に騙されないための口上術、正しい金銭感覚、それにマナーなどを養うこと。
こうして衝突を回避していくことも、重要だと思います。

運転も信念も同じです。
事故の可能性はゼロではありません。
「衝突後」を考えることは大事です。それ以上に「回避」の術を身につけることがもっと大事です。

要は、異なる思想に対抗できるあなたなりの信念があるか、ということです。

信念も高回転まで回してみよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク