トップ > コラム > コラム No.968
 
トップ > コラム > コラム No.968

#968 / 2015.09.28

サンクコストの誤り

人はなぜ、辞められなくなるのでしょう?

続けることに意義があるから?
時間もお金も費やしすぎて、もう後戻りできないから?
それとも誰かに続けることを強いられているから?

いや、違います。
辞めたほうがいいのに辞められないというのは、無意識のうちにあなたが現実から逃げているからです。


なぜ、夜更かしをしてしまうのでしょう。
なぜ辞めたいと考えている仕事を、いやいや続けてしまうのでしょう。
そう考えると、本心は辞めたがっているのになかなか辞められないことは、数多くあるものです。

現状維持は楽なのです。
今をムリして変化させなくても良いし、なにより思考停止で済みます。

でも、それはあとで大きくツケを払う原因となります。

その状況をクルマで言えば地図無しで知らない山道に迷い込んでしまうようなものです。
一度止まって引き返せばいいのに、「ここまで進んだのだから行ってみよう」「時間もガス代もかけたのに」とどんどん進んで、完全に帰られなくなってはお手上げです。

引き返せる内が花、というものです。

誰かの顔を立てるため続けるのですか?
あなた自身の責任感に縛られていませんか?
それとも、現状維持で思考停止していませんか?

辞めることは決して悪ではありません。
「勇気ある撤退」という言葉もあるとおり、将来大きく状況を悪化させることがわかっているのなら、それ以上進むことは愚策です。
現時点までに費やした時間や費用を嘆くより、今時点からどう好転させるかを全力で実行したほうが何倍も建設的です。

思い切って過去に目をつぶろう。

サイト内リンク