トップ > コラム > コラム No.964
 
トップ > コラム > コラム No.964

#964 / 2015.08.31

叩き記事

対した分析もせず「離れ」で結論づけられるほど、おめでたいものはありません。

いつのころからか、クルマの販売台数減は「若者離れ」が一因とされてきました。
でも本当は、若者の可処分所得が以前より少なくなったことが原因です。

新聞やテレビ番組の多くは中立ではなく、特定の顧客層を喜ばせるような話題ばかり報じていて非常に悪意を感じます。
取材した内容を中立的に書くならまだしも、勝手に妄想を膨らませ誰かを貶めることに執心することは、我が身を貶めることと同義です。

自分達より人生経験が少ないからと勝手に思い込み、自分とは異なる世代や性別を悪く言う。
そんな責任転嫁する人の話を誰が心から聴くというのでしょうか?

そういった話は何の解決にもならず多くの人に不快感を与えるだけの不毛なものです。
不毛なことは、人生においてムダどころかマイナスしかもたらさないので、今すぐ辞めることです。

どんなになじって相手を変えようとしても、たいてい何も変わらないものです。
そんな不毛なことにかまけていることすらもったいない。
ならば、あなた自身を何か1つでも変えていくほうが、ものすごく有意義です。

「叩き」にかまけない。

追記(2015.08.31記)

自分より劣っているだろうと思える相手を探して断罪ごっこしている人間を見て、素敵だとか、かわいいだとか思えますか?
学力、収入、容姿、年齢……
自分が上だと勘違いして相手を糾弾して、それで優越感に浸るのは俗物もいいところです。

サイト内リンク