トップ > コラム > コラム No.962
 
トップ > コラム > コラム No.962

#962 / 2015.08.17

等身大以上

機械の構造に不慣れなのにクルマやPC、機械をいじろうとして、ダメにしてしまったことはありませんか?

私にも何度か経験があるので大きな声では言えません。
ただ、ダメにしたことがあるから悪いと言うことではありません。
好奇心を持つことは否定しません。
整備士でないから機械に手を出すなというわけではありませんが、万一のトラブルを想像してそれでも大丈夫かと考えてみることは非常に大事です。

世の中には、自分ではどうにもできなくなってそれ以上に手を出すと進んでも戻っても大打撃、という事態に陥ることがままあります。

リスクを怖れない度胸は私も欲しいところですが、人間には取れる責任と取れない責任があります。
自分のものを壊すとかそのレベルならまだしも、責任も取れないくせにたくさんの人に迷惑をかけた挙げ句、逃げ出したり誰かに責任転嫁するなんてことは大人としてやってはいけないことです。

できないことをできない、知らないことを知らないと言うのは恥ずかしいことではありません。
むしろ中身も無いのに、できないことをできる、知らないことを知っていると自分をよく見せる主張をすることが恥ずべきことです。
そしてそのメッキはすぐにはがれ落ちるものです。

口がうまかったり、肩書きを誇示するものには気をつけなさい。
そういうものの本質は、おそらくあなたをひどく落胆させるレベルです。
逆に言うと、あなたがもし口が達者で肩書きをひけらかすような人間であれば、相手はあなたを心から信じていないでしょう。

できることはできる。
できないことはできない。
知っていることは知っている。
知らないことは知っていない。

素直に等身大の自分を認めれば、これ以上にトラブルを引き起こすこともありません。

顕示欲を捨てよう。

サイト内リンク