トップ > コラム > コラム No.961
 
トップ > コラム > コラム No.961

#961 / 2015.08.10

高額車

実際より過剰な値付けをされていませんか?

ハイブリッド化されたり高級っぽく見せるために価格がつり上がるのは分かるとしても、強気すぎる値付けはやはり過剰ではないかと思うのです。
例えばトヨタ・アルファードは2.5Lおよび3.5Lのミニバンなのですが、2.5LのSグレード(FF、Super CVT-i、7人乗り)3,699,091円(税抜)に対し、2.5Lにモーターが付いたHYBRID Executive Loungeグレード(E-Four:電気式4WDシステム、電気式無段変速機、7人乗り)6,515,455円(税抜)と値段で言えば高級車です。

ただ、ムダに格付けが高くされていて、そういうふうに見せているだけではないかなと思います。
とはいえ、私が650万円だすのなら、もっと違うクルマを選びます。

高額だからその金額に見合う、とは限らないのです。
借金をしたりリースにしたりすればクルマを使う権利は得られるのですから、金額を多くかけたからと言ってあなたが高級感を持っているかとは限りません。

いくら高級品といえども、乗せられているとか着せられているというのでは滑稽です。
もし高級品を身につけたいと思うのなら、それに見合った行動をしないと恥ずかしいのではないでしょうか。
ファーストフード店にBMWで乗り付けてみたり、パチンコ屋にベンツで乗り付けてみたりと考えてみると、クルマがクルマだけに「この人はムリして背伸びしているのかな」とバレてしまいます。

もちろんそういったお店に高級車で向かうことを法律で規制されているわけではありません。
でも、そういう人だと見なされてしまうものです。

怖いもので、持ち物や肩書きなどあなたを飾る事柄で過剰に値付けをされていたりしまうものです。
それだけ「ハードルがあがる」ようなものですが、言い換えればそれに見合うだけの立ち居振る舞いをすればいいのです。

もし自信がないのなら、今すぐ持ち物や肩書きに見合う人間性を持てるよう努めるのみです。

持ち物や肩書きに見合う自分になろう。

サイト内リンク