トップ > コラム > コラム No.952
 
トップ > コラム > コラム No.952

#952 / 2015.06.07

買い替え3

本当に買い換えなければいけないのは、あなたの執着心かもしれません。

前より良いクルマ、
前より良いグッズ、
前より良いブランド。

素敵なものはあなたのモチベーションを上げ、ときにはあなたの自信となるでしょう。

しかし永遠によりよい物を買い替え続けるなんて、現実的には不可能です。
なぜならお金は有限なのに欲望は無限だからです。

欲を否定するわけではありませんが、強すぎる欲はあなたの生活を苦しめてしまいます。

仮に良い物を持っていたとしてどれだけの人があなたに注目するかを考えたとき、その数はきわめて少ないでしょう。
「そんなことはない、羨む声を聞く」と反論されるでしょうが、社交辞令として誰もがひとまずは表面上羨む言葉を言うものです。
数日もすれば、よっぽどの有名人でもない限り、あなたを羨み続ける人はいなくなります。
むしろその程度で他人の関心を惹かなければならないことに哀愁すら感じます。

執着も度を超せば抜け出せない泥沼地獄に陥るだけです。
うまく手放して達観してみるのもいいのではないでしょうか。

ほどほどを知ろう。

追記(2015.06.07記)

執着の反対語は「断念」だそうです。
それを知って私は「あきらめる」というより「邪念を断つ」という意味で捉えました。

サイト内リンク