トップ > コラム > コラム No.943
 
トップ > コラム > コラム No.943

#943 / 2015.04.05

軽送迎

安っぽいクルマには乗りたくない。
高級品でなければ、持つ意味が無い。
みすぼらしい感じは、絶対に出したくない。
ともすれば、ものや私生活が最低水準でないことだけが素晴らしく、そうでなければ惨めと考えている人がいます。

送り迎えひとつをとってみても、乗用車で送迎するべきで軽自動車で送迎など言語道断などという人がいます。

持ち物で人格やもてなす気持ちが決まるわけではありませんが、随分と見方が偏っているのでは無いかと私は思います。
仮に高級車であっても掃除も修理もしていないクルマでは、そもそも送迎すら失礼です。

高級感だけに囚われ、それを使う人の人格を見抜けないようでは、話になりません。
また、他人を見抜く以上に、自分が高級感で表面を取り繕ってしまっていないかを見つめ直すことも大事です。

「ものは高級、人は低級」という言葉は他人を揶揄する言葉だけではなく、自分をも戒める言葉です。
あなたは、持ち物に負けない人格を持っていますか?

表面の高級感で欺かない。欺かれない。

サイト内リンク