トップ > コラム > コラム No.94
 
トップ > コラム > コラム No.94

#94 / 2001.10.29

車庫入れ

車庫入れは、簡単です。
難しいと感じている人は、その思い込みから抜け出せていないだけです。

とくに女性は、車庫入れが不得手だと聞きます。
これは、女性の脳の構造上、空間認知力重視には作られていないからです。
そのかわり、慎重さは男性以上です。これは空間認知力よりも大事です。

何回切り返してもいいから、とにかく慎重にゆっくりと下がること。
これが車庫入れの極意です。

男性の場合は、プレッシャーがかかります。
隣りの女の子にいいカッコしたいな、なんて考えるものだから、5回も6回も切り返せません。
上手くやろうとすれば、人間、緊張して体が固くなるものです。
男性は、無意識のうちに1回で決めたい、と思ってるものなのです。

男性はみな、見せたがり屋なのです。

それを知ってか知らずか、「3回以上切り返すのはダサいよねぇ」などと女性は言います。
余計なお世話です。

車庫入れは、人間チェックです。
これひとつで、デートがうまくいくかわかります。

例えば、男性が運転していて、女性が助手席にいるとします。
切り返さずに車庫入れしてもチェックになりません。

1回以上切り返した時が勝負です。
男なら、ここで熱くなってはいけません。
きっちり枠内に収めるまでは、男児たるものクールでなければなりません。

ここでカッとなると、女性は不安になります。
子供もそうですが、女性は空気を読むのが得意です。
一緒にいてもいいのかしら、なんて疑心暗鬼に陥ってしまいます。

ニコニコして停めるのが、漢です。


さて、この車庫入れチェック。
実は女性チェックにも使えるんです。

いちいち切り返しで「ほらぁ」といっては指摘する女性。
助手席の後ろに腕を回されて、どきどきしている女性。
男性の切り返しに、あえて押し黙っている女性。

なんでもない所を相手は見ています。
いちいち指摘されて嬉しい人間は、絶対にいません。
同乗中は、「内助の功」でいきましょう。

運転教本には、こんな人間観察は載っていません。

笑顔で車庫入れしよう。

サイト内リンク