トップ > コラム > コラム No.939
 
トップ > コラム > コラム No.939

#939 / 2015.03.08

脊髄反射注意

脊髄反射してもよいことはありません。

運転中は他人の行動にイラッとすることがままあります。
やたら遅い軽トラックとかウインカーもあげないで車線変更する乗用車とか。
狭い国土、狭い道路を共有してみんなが走るものですから、自分と価値観が違う人がたくさんいることは当たり前です。

そこにいちいち脊髄反射しても意味がありません。

ところが、そういったことに耐性が無いと「ヤバっ」「マズっ」「あ〜ぁ」「チッ」だの少ない語彙で感情を吐露してしまうのです。
感情から言葉が出てしまうと、人間は冷静に対処することが難しくなります。

のべつまくなしに感情をまき散らかさないことです。
感情から入れば冷静さを失い、余計な一言でその後の展開をより悪化させることも充分にあり得ます。
それも過ぎればあなたに対し「理性的に対処できない人」とレッテルを貼られてしまうでしょう。

感情表現は大事ですが、それも度が過ぎればトラブルを引き寄せてしまうでしょう。

感情表現を0.1秒こらえよう。

サイト内リンク