トップ > コラム > コラム No.931
 
トップ > コラム > コラム No.931

#931 / 2015.01.10

収納しない術

あなたのクルマは「汚部屋」になっていませんか?

せっかくの素敵なクルマも車内空間やダッシュボード内、はたまたラゲッジルームがゴミ捨て場では魅力半減です。

物があふれるだけでなくたくさんの情報があふれる現代、丁寧にとか整頓のみといった旧時代的な整理方法では対処できません。
それこそ時間をかけず、スピード勝負の整理術が求められていると感じます。

ちまたではたくさんの整理術が提唱されていますが、基本的に整理とは、すべてのものを取り出し容赦なく選別して不要品を棄てることです。
あきらかに今使っていないものや少しでも判断に迷った物は使わないものであり、余程思い出深いものでもなければ無くても困らない廃棄対象です。

前回のK1Box整理術では使うかどうかで判断すると書きました。
その判断をくぐり抜けた大事なもの達を今度はどう収納するかです。

極論ですが、収納グッズに頼らないことが収納のコツです。

収納グッズに物を入れるというのは、捨てきれなかったものを無理やり生かしているに過ぎません。
するとその空間は死んでしまいます。
やがて収納空間が足りなくなると、さらに新しい収納グッズを買ってきて物を放り込んでしまうのです。

使われないまま暗い物置の片隅でほこりをかぶせて置くことは、非常にもったいないです。
さらに言えばその死に空間ですらも、家賃なりローン費用がかかっているのです。
つまり、持つと言うことは空間のみならずお金までも費やすということです。

まずは収納術がいらなくなるくらいに物を手放すことです。
その上で、物を一カ所に集め、そこ以外に物を置かないことです。

世間で言われている収納術を試す前に、まずは物の総量を減らすことです。

収納術に逃げない。

サイト内リンク