トップ > コラム > コラム No.912
 
トップ > コラム > コラム No.912

#912 / 2014.09.01

待つ力

ほんの少し待つということは、そんなに難しいのでしょうか?

青信号まで待てずにジリジリ前進してみたり、
一度休憩をとるとかピークを外すなどせず、分かっていながらも渋滞に突入してしまう。

じっくり待てない人が近年増えてきたように感じます。

SNSやツイッター、あるいはLINEなど親しい人達からの反応が得られやすいツールが広がる一方で、自分の投稿に対し誰からも反応が無いとイライラするなんて話も聞きました。
スマホやケータイが普及して相手とのコミュニケーションが取りやすくなった代わりに、待たされることが耐えられないのです。

ほんの少し立ち止まって現状を俯瞰するだけで良いのです。

一度退いてみるとか、やり過ごすとか、そういった「積極的に進まない」という選択肢を持てばいいと思うのです。

クルマの操作でいえば、アクセル、ブレーキの他にアクセルオフの感覚を持つことです。
けして何もしないというわけではなく、シフトダウンしつつアクセルオフで速度調節する時のように「能動的な現状打開である」と考えれば何もイライラすることはありません。

待てないという人は現状にのめりこみすぎなのです。
もしイライラしているときは、冷静に待ってみることです。

能動的に待ってみよう。

サイト内リンク