トップ > コラム > コラム No.901
 
トップ > コラム > コラム No.901

#901 / 2014.06.16

重複区間I

日本全国には数え切れないくらいの重複区間が存在します。

重複区間とは、その区間において2本以上の路線が重なっている区間のことです。
1本の標識に国道A号線と国道B号線といった2つの路線番号が指定されていたりして、マニアの中にはそうした複数個設置された路線番号の標識をチェックする方もいるようです。

考えてみれば山河が多い国土のなかに459本もの国道と無数の都道府県道があるのです。
実延長で国道55,000km、都道府県道129,000km。(参考
これで路線がまったく重複しないというのは、まず不可能です。

これは人生も一緒です。
誰の人生とも絡まず自分だけの道で完結することは、実は珍しいことなのです。

恋人、家族、友人、同僚。
多くの人達の人生が道だとするならば、あなたの道はそうした道達と絡まったり離れたりしながら続いているのです。

そう考えれば気づきにくいけれど重複区間が大多数で、時折ついたり離れたりしながら目的地に進んでいくのです。

自分だけの道だと思っているうちはまだまだ経路全体が見えていない証拠です。
あなたの道はあなたのものだけれども、いろいろな人の人生が絡まり合っている1本でもあるのです。

他人との絡まりに感謝しよう。

サイト内リンク