トップ > コラム > コラム No.90
 
トップ > コラム > コラム No.90

#90 / 2001.10.20

回顧録

1990年代は、20世紀のウミをすべて出すための時代でした。

自我ばかりがのさばる大人と子供。
いつの時代も同じです。

迷走して、突き当たって、ぶつかって時代は成長していくのです。
過去の過ちに気づいた人間は、必ず成長できます。

なかには成長を捨てる人間もいます。
やる前からあきらめているような人間です。
はなから己の可能性すら否定しているのです。

「どうせ」と言ってはいけません。
なぜなら、時代に淘汰されてしまうからです。

後ろ向きな考えをしていたら、時代はどんどん逃げていきます。

クルマも、人間と同じです。
たとえばホンダ・インテグラ。
1993年にデビューした3代目E-DB/DC型は、当初、丸型4灯ヘッドライトでした。
米国市場では受けたものの、国内市場では人気が今一つだったのです。

ホンダはインテグラを捨てませんでした。
わずか2年後で横長のヘッドライトに変更されました。
そればかりかスポーツモデル・タイプRを投入し、再び人気車に返り咲いたのです。

インテグラは後に小変更を行ない、2001年7月には3ドアクーペの4代目を登場させました。

大事なのは現状を嘆くことではありません。
現状を好転させることです。

文句の一つを言うあいだに、最初の1歩が踏み出せます。
過去や現在がダメでも、未来でチャラにすればいいのです。

過去を乗り越えましょう。
未来は、今、始まったばかりです。

時代はかならず君に微笑む。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク