トップ > コラム > コラム No.890
 
トップ > コラム > コラム No.890

#890 / 2014.03.30

花見渋滞

桜前線は現在、北関東まで伸びてきました。
平均時速2kmとも言われる桜前線は、4月になれば北陸、東北と続き、5月には北海道まで北上します。

そんな桜の季節となると、至る所で花見渋滞が発生します。
都会ではもちろんのこと、普段は通るクルマも多くない田舎の県道ですら有名な花見スポット周辺ではまったく動けなくなります。

そもそも花見スポットは桜の季節以外は閑散としていることが多く、駐車スペースが確保されていないこともザラです。

もしもクルマで行くのなら、長い待ち時間とトイレへの我慢を覚悟しなければなりません。
でもそれは苦痛です。
素直にクルマ以外の手段、例えば鉄道やシャトルバスなど公共交通機関を利用するのがベストでしょう。

体力と時間があれば自転車もいいかもしれません。
私の住む街の近くには、日本三大桜の1つと謳われる三春滝桜があります。
花見シーズンにクルマでは2時間近くかかるところを、自転車では渋滞もなく1時間程度で着くことができます。

ただひたすらと山を登っていかなければいけないつらさはありますが、沿線に咲く他の花々や遠景をじっくり眺めたり、その時の空気を肌で感じることで季節を全身で感じられます。
それは本当に贅沢なことです。

渋滞を避けるためだけではありません。
目的地までクルマに乗り続けてもいいのですが、途中で降りてみると見えなかったものや気がつかなかったものにたくさん巡り会うことができます。
その贅沢体験をするとしないとでは、感動も大きく変わってくるでしょう。

極度の疲労感やいろんなハプニングに襲われることもあるでしょう。
それもまた、心に刻まれるよい思い出となるでしょう。

せっかく素敵な場所に赴くのです。
桜を見たという事実だけで満足ですか?

途中で降りてみよう。

サイト内リンク