トップ > コラム > コラム No.89
 
トップ > コラム > コラム No.89

#89 / 2001.10.17

熱いクルマをつくろう

映画「ワイルドスピード」(原題 The fast and the furious)では数多くのクルマが登場します。
オレンジのJZA80スープラを筆頭に、エクリプス、インテグラ、マキシマと豪華な顔ぶれです。
それぞれ専用チューンが施され、もはやマシンといっても過言ではありません。
豪快さがウリのアメリカならでは、です。

対して映画「タクシー」シリーズでは、プジョーがメルセデスやランサーと熱く競います。
優雅なイメージのあるフランス車ですが、劇中ではやはりマシンなのです。
シリーズ2作目では、クルマが跳びました。

熱いです。かなり熱いです。

ワイルドスピードに登場するクルマ達は、きちんとオーナーがいます。
彼らは速いクルマをつくろうと熱いマシンをつくりました。

マシンはいき過ぎだとしても、熱いクルマをつくることは、情熱さえあれば誰でもできます。
熱いクルマとは、オーナーの情熱がこもったクルマです。

パワーアップやマフラーを換えることだけが熱いクルマづくりではありません。
何でもいいから、コンセプトに沿ったクルマに仕立てていくことで、熱いクルマになります。

派手なドレスアップ仕様車。
メンテナンスの行き届いたクルマ。
経済性または静粛性に特化したクルマ。
何でもいいのです。

こんなクルマにしてみたいと思う。すると純正仕様ではもの足りなくなるのです。
そこに気がついた時が、熱いクルマへの第一歩です。

そこからは、情熱です。
そして情熱がこうじると、個性になります。

すべては気づくことからはじまります。

情熱と個性を身につけよう。


さて。

個性と惰性を履き違えている人がいます。
みんながやってるから、なんてつまらない理由でやってるうちは、ただの惰性です。

少し前に、女の子達の顔を黒く流行がありました。
女の子達は口々に「個性」を叫んでいましたが、どう見ても「没個性」でした。

マスコミに飼いならされた自称個性人間は、所詮は「惰性」人間です。
情熱があれば、いまだに顔を黒くしているはずです。
でも最近は、みんな色白顔です。いい時代が戻ってきました。

その情熱のなさが「個性ではない」、と言いたいわけです。

個性を口にするなら、まず情熱を持ちたいです。
情熱を抜きにして、個性などといってはいけません。

個性を自認するあなた。次の一文は読まなくて結構です。

「個性が強い人ほど、わざわざ『個性』なんて言いません」

個性よりも、まず情熱を持とう。

サイト内リンク