トップ > コラム > コラム No.887
 
トップ > コラム > コラム No.887

#887 / 2014.03.10

ついてない

「ついてない」と口にしたことはありませんか?

通過目前で赤信号になってしまった、ついてない。
渋滞にはまってしまった、ついてない。
他人のクルマにぶつけてしまった、ついてない。

他人事でなく、私は何度もあります。
でも、あるとき冷静に考えてみたのです。
「ついてない」とつぶやいたところで、何かが改善するわけでもないのです。
そのくせ自分の言葉が発した自分に対して、より「ついていないんだ」と自分を追い込んでしまう暗示をかけているような気がしてしまったのです。
百害あって一利なしとは、まさにこのことです。
それから私は「ついてない」という言葉を極力発しないよう自分の中で封印しました。

言霊という言葉があるように、マイナスの言葉を発してしまうと自分にマイナスの影響をもたらしてしまいます。
かといって無理やりプラスの言葉を発するというのは敷居が高く、とても難しいです。

そんな時、私は「運が悪いのではなく運を貯めている」と考えるようにしています。
考えてみれば、運良く赤信号にひっかからなかったとか運良く渋滞に巻き込まれなかったというのは長い人生で見れば些細な話で、そのような些事で運を消費してもっと大事な場面で大きな幸運を使えないほうが、よっぽどついていません。

そもそも運の善し悪しなんて、当人の考え方次第でどうにでも受け取れるものです。
些細な不運など将来大きく羽ばたくための踏み台に過ぎません。
どんどん踏みつぶしていきましょう。

少しずつ運を貯めていこう。

追記(2014.03.10記)

ちょっと足止めを喰らって間に合わないとか「ついてない」と言っちゃうとか言う前に、もっと早く出るとか、そもそもそんなに駆けずり回らなくてもいいように自分の立ち位置を少しずつシフトしていくことが大事なんだと思います。
もちろん自戒の意味もこめて。

サイト内リンク