トップ > コラム > コラム No.873
 
トップ > コラム > コラム No.873

#873 / 2013.12.01

3割早く

すべてにおいて遅刻はしないことです。

「トラブったから仕方ない」
「まぁいいか」
その甘えで一つ遅刻すると、以後すべて遅刻するようになります。

他人の時間をムダにしてもまた遅刻を犯してしまう人は、過程がどうであれ他人の時間に敬意を払わない人です。
それがあらわになると、誰からも信用されなくなります。

一事が万事とはよく言ったもので、その人のささいな言動や行動はその人そのものです。
時間感覚、金銭感覚、性格などで何か怪しいなと思ったら、時折怪しくなさそうに振る舞ったりしていても、結局その人はあなたに迷惑を及ぼす存在にしかなりません。

遅刻するというのは、そういう人だとレッテルを貼られてしまうのです。
そうなると、たくさんの人が関わられることを拒みます。
遅刻への甘えが一生の後悔になります。

冬は特に気をつけたいものです。
冬はただでさえ行動に制限がかかりやすい季節です。

寒気で他の車両が動けなくなり渋滞の原因になります。
豪雪で通れない道がいっぱい増えます。
吹雪で視界が遮られ平均速度が極端におちます。

4WDやスタッドレスタイヤとて万能ではありません。
冬道では平均速度をあげることより移動時間を3割以上多く見積もって動くのがいいでしょう。

冬こそ信用を高めるチャンスです。
どんな環境下でもきっちり間に合わせることが信用に繋がっていくのです。

移動時間を3割多く見積もろう。

サイト内リンク