トップ > コラム > コラム No.87
 
トップ > コラム > コラム No.87

#87 / 2001.10.15

酒場の恋

「酒場の恋は続かない」。
とあるニュースで聞いた言葉です。
心理学者が25年かけて導いた恋愛訓です。

この実験は、ボストンの大学に通う学生計562人(うち交際中231組)が対象です。
彼らから家族構成,交際歴および価値観を詳しく聞きました。
その後、2年後、15年後、25年後に質問票を郵送して交際状況を尋ねるというものです。

結果、2年後に別れたのは半数近い103組。
15年後も一緒だったのは50組でした。
それより興味深いのは、バーで意気投合した男女はあまり長続きしないことです。

バーにいれば、バーの雰囲気も手伝って相手が魅力的に見えやすくなるのかも知れません。
スキー場と同じで、普通の人が突然、カッコよく見えると聞きました。
相手を魅了するには、雰囲気を活用することです。

モーターショウも同じです。
その場の雰囲気に流されてしまうと、やはりカッコよく見えます。
鮮やかに映し出されたボディ。
上質に見えるインテリア。
そもそもショウなのですから、いかにカッコよく魅了するかに主眼が置かれています。

ショウならまだしも、展示発表会には気をつけることです。
メーカーごとのブースに新車とセールスマンがセットでいます。
油断して流されると、ご成約ということにもなりかねません。

セールスマンからは、たらふく話を聞いてコーヒーまでいただく。
仲良くなるといろいろな情報まで教えてくれます。

でもそこで冷静になることが大事です。
果たしてそのクルマが欲しいのか。

クルマ自体が、その人間の生活に関わってきます。
維持費、メンテナンス、有料道路、とお金はどんどん出ていきます。
乗らなくなったからとホイホイ乗りかえるわけにもいきません。

もうそろそろ、「乗り換えぐせ」やめませんか。

最後まで面倒見られないのに飼われていくペット達。
1年もたない恋人達。
50,000km走らずに売られてしまう新車達。

クルマのみならず、動物や人までも消耗品感覚ではいけません。
当たり前のことですが、あえてこの時世だからこそ意識する必要があります。

そこまで一度考えてみましたか。
クルマの有る楽しい生活ばかり夢見ていませんか。

最期まで面倒みる包容力を持とう。


さて、先ほどの長期実験ですが、学者達が分析した結果、長続きの秘訣は次の3つだとわかりました。
共通の目標があり、知的な交流ができて、身体的な魅力に極端な差がないこと。

ご大層かつ曖昧な秘訣です。
お互い成長せよ、ということでしょうか。

突然の魅了に流されない。

サイト内リンク