トップ > コラム > コラム No.858
 
トップ > コラム > コラム No.858

#858 / 2013.08.19

ペットドライブ

ペットを飼う人が多くいます。
長期休暇の時期になると、ペットも一緒に旅行するといった光景をよく見ます。

私にペットはいませんが、ペットとドライブするうえでどういったことに注意しなければいけないかを調べてみました。

以下は犬を乗せるときの注意ですが、じゃらんによればこんな感じです。

  • ドライブの3時間前までに食事を済ませておく
  • トイレは乗る前に済ませておく
  • 車内温度は涼しめに設定する
  • ドアや窓のロックをしっかりかける
  • のんびり運転で車酔いを防いであげる
  • 1〜2時間に1度は休憩&換気
  • ドアを開ける前にリードをつける
  • 車内に置き去りにしない
  • 人ごみにペットを連れていくのは極力控える

これらはペットを飼っている人なら知っていて当然のことばかりだと思うのですが、ペットを家族と思うばかり周りが見えなくなる人も多いのではないかなと思います。

先日、おいしい蕎麦を出してくれる農家民宿のお店を訪ねたときのこと、法事で帰省中と思しき親族の一団が来店しました。
一団はワンちゃんもクルマに乗せていたので、車内ではかわいそうだから連れてこいと一団の一人がいい出しました。
そしてワンちゃんを玄関の土間につないでしまいました。

土間だからいいでしょとか真夏に犬を車内から出して何が悪いのかという声も聞こえてきそうですが、正直「え?」と思いました。
私自身は犬が嫌いではありませんが、食事も出す場所で不特定多数のお客さんが利用するのに土間においておくのはどうなのでしょう?

犬なら広い庭先の日陰の箇所に繋いでおけばいいし、もし犬嫌いのお客さんが入店したら営業妨害にもなりかねない状況です。
愛犬のかわいさを否定しませんが、人によっては犬が苦手だったりします。
なかには特定の動物に対してアレルギー反応を示す人もいます。

これは犬ばかりではありません。
猫などペットにはすべて当てはまる話です。

あなたがいくら可愛いといっても、公共の場や余所様の場所で自分の思い通りにふるまうのはマナー違反でしょう。

また、ペットと同等というわけでもありませんが、これらの注意項目は小さな子供に対してもほぼ同じだと思います。
トイレは乗る前にとか車内に置き去りにしないなんていうのは、まさに同じ注意項目です。
保護者のエゴで連れ回すことで、子供やペットだけでなく他にも不快な感情を持つ人がいることを忘れてはなりません。

自分の価値観だけで連れ回すのはやめよう。

サイト内リンク