トップ > コラム > コラム No.850
 
トップ > コラム > コラム No.850

#850 / 2013.06.23

標準仕様

カスタムが最高の仕様とは限りません。

クルマに代表される工業製品の多くはオプションやカスタマイズと称して標準仕様と差別化を図った仕様が造られます。
それは機能的に上級仕様だったり外見上より良いものだったりして、標準仕様と見比べると魅力的に映りがちです。

しかし、考えてみれば標準仕様で使えないわけではないのです。
積載能力が高いとか多人数乗車が可能とかどうしても外せない機能を突き詰めていくと、標準仕様で事足りたりするものです。
それ以上はよく言えば心や快適さを満たすための贅沢品、悪く言えば見栄です。

あなたが見栄を張ることに、何も言うことはありません。
しかし、標準仕様の良さに気づかずカスタム仕様ばかり追いかけてしまうのは、もったいないように感じます。

せっかく仕様を決めていくのに一面的な見方しか持てないと、結局は別の誰かの物まねになり、独自性を打ち出したつもりが凡百に埋もれてしまいます。

まず、あなたにとって最低限必要なものは何でしょうか?
その問いが最初になければ、目移りしたり自作したりして結果的に不要な出費や時間の浪費に繋がってしまいます。

最初に譲れないものを洗いだそう。

サイト内リンク