トップ > コラム > コラム No.84
 
トップ > コラム > コラム No.84

#84 / 2001.10.09

X・O

過度に曲がりすぎているのは見栄え良くありません。

X脚・O脚のことです。
関節のゆがみからくる症状です。
膝小僧が内側に向くとX字(内股)、外側に向くとO字(ガニ股)になります。
内もも、膝の関節、ふくらはぎ、それとくるぶしの4箇所が触れないと、この可能性が高いです。

症状は関節のゆがみからくるもので、原因の多くは親にあると考えます。
例えば、骨格が出来上がっていない幼児期に歩行器で立つ手助けをしてしまったとき。
あるいは、アヒル座り(正座の亜流、同時にスネも尻も床につく座り方)を叱らなかったとき。
まず、必要以上に子供の膝関節を傷めていることに気づかなければなりません。

ルックスが悪くなるだけでも大変ですが、足として機能しなくなったらそれこそ一大事です。
まずX脚あるいはO脚を自認するならば、今日にでも医師に相談しましょう。

足が曲がっていると、当然、歩きにくくなります。
足自体の重量バランスが崩れていれば、どこかに負担がかかります。
それが膝関節を傷めたり、偏平足という形で現れてくるのです。

足は第2の心臓とも言います。
大事にしてあげましょう。

さて。
クルマも、人間とまったく同じです。
必要以上に角度がついているのは、考えものです。

ドレスアップカーで定番になっている「鬼キャン」。タイアが「ハ」の字になっています。
レーシングカーで、コーナリング性能を上げるためにつけるキャンバー角とは別物です。
1BOXやワゴンとはいえ、過度にキャンバー角をつけなくとも曲がれます。

それよりも「偏磨耗」に注意しなければなりません。
「ハ」の字ということは、車台側、つまり内側部分がより磨り減ってしまうのです。
クルマのバランスが悪くなるばかりか、ゴム屑を大量放出してしまいます。

粉塵と一緒にゴム屑も吸うのは、人体に有害です。
狂牛病ばかり考えているだけでは、いけません。
私個人は、ドレスアップは好きです。レーシングカーも好きです。
だからキャンバー角をいじることに否定はしませんが、やっぱり有害なのはまずいです。

「私の身体なんだからほっといてよ」
「俺のクルマなんだからほっといてくれ」

そう言えるうちはまだいいのですが、いずれ大手を振るって歩けなくなったらどうしますか。

関節のゆがみや大気汚染で人が滅ぶ。
もしかしたらそう遠くない将来、現実に起こるかもしれません。

本人だけでなく管理者も責任を負おう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク