トップ > コラム > コラム No.836
 
トップ > コラム > コラム No.836

#836 / 2013.03.18

マージン

マージンとっていますか?

英語のマージン(margin)には2つの意味があります。

1つは「余白」の意味。
こと運転においては、自分のクルマとそれ以外の障害物すべてとの間隔をあらわします。

もう1つは「利ざや」の意味。
売上から原価を差し引いた利益をあらわします。

意味は2つありますが、いずれも「持たせないと得るものは少ない」ことを示しているのではないかと思うのです。

時間に余裕を持たせないと、しなくてもいい焦燥感に激しく襲われます。
空間(車間)に余裕を持たせないと、安全運転の余地が少なくなります。

時間も空間も余裕を持たせれば、余計なお金や労力を失わずに済みます。
それらは精神的疲労を抑えるので、心の余裕になります。
そして心に余裕があるとき、人は他人にやさしく接することができます。

あなたは最近、他人に優しく接していますか?
もしそうであるならば、あなた自身にマージンがなくなっているのかもしれません。
一度立ち止まって、マージンがとれているか確認してみましょう。

積極的にマージンを取ろう。

追記(2013.03.18記)

ちなみに当サイトは余白は積極的に入れるようにしてあります。
もともとテキストサイトなので読みやすさを考え、行間やセクションなどがわかるように余白をいれています。
文字ばかりのギチギチなサイトは、誰も読みたくないですものね。

サイト内リンク