トップ > コラム > コラム No.83
 
トップ > コラム > コラム No.83

#83 / 2001.10.06

静電気

冬場になると静電気に悩まされます。
ここ数年で乾燥肌になってしまったようです。

静電気のメカニズムは、帯電した電気が触れたものに流れていくことにあります。
帯電は摩擦で物体が持つ電子の移動が起こり、中性の状態が崩れる状態です。
つまり一方はマイナスの電気を、もう一方はプラスの電気を帯びるのです。
こうしてマイナスの電子が移動します。そのためドアに触れた瞬間に放電されるのです。

クルマの場合は、服とシートが擦れて帯電します。
電子はシートから乗員に移動し、乗員はマイナスの電気を、シートはプラスの電気を帯びるのです。
プラスになるかマイナスになるかは、帯電列(どちらを帯電するかの規則性)によります。
いずれにせよ帯電する可能性はあるのです。

では、静電気を防ぐにはどうしたら良いでしょうか。

一番手っ取り早い方法は、直接触れないことです。
ハンカチ越しにドアノブに触れれば良いのです。

また、適度に湿度を保つことも有効です。
水は電気を通します。そのため空気中の水分が放電効果を生み出します。
乾燥時に帯電しやすいのは、電気の逃げ道となる湿気が少ないからです。

防電スプレー、除電アクセサリーも多く市販されているので試してみるのもいいでしょう。

敵を知れば、対処も怖くないのです。

エネルギーはためこみすぎない。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク