トップ > コラム > コラム No.824
 
トップ > コラム > コラム No.824

#824 / 2012.12.23

運転免許合宿

いよいよ年末になりました。
就職や進学を控えた多くの高校生が自動車教習所に通うシーズンが到来しました。

私は地元の教習所に通学しましたが、教習所によっては短期集中で合宿するコースも用意されています。
必ずしも地元に通う必要は無いので、行きたい地域への観光も兼ねて合宿に参加する人も多いと聞きます。

合宿のいいところはスケジュールが決まっていることです。
自分で日程を調整したりキャンセル待ちをすることも無く効率的に日程を消化できるので、最短卒業予定日がわかるのです。
反面、合宿期間中のスケジュールと宿泊施設の予約をいれてしまうために途中で帰ることができません。

私自身も簿記やら宅建やらいろいろな資格や免許を取得しましたが、その経験から言えば資格免許を得るために短期集中で進めることは非常に効果的です。
こう書くと司法試験のような難関資格もありますが、取得するまで何年もかかる資格はむしろ避けたほうがいいと思います。
なぜなら時間が経つに従って、資格取得が手段ではなく目的化してしまうからです。
資格免許を得ることで自分に自信を付ける意味はあるのですが、資格取得に全精力を傾けてしまい何のために取ったのかを見失ってしまいがちです。

資格免許だけではありません。
無理して細切れ時間を集める方法もありますが、基本的には短期集中でまとまった時間を割くやり方のほうが内容面でも時間面でも得るものが大きいと思います。

<参考>

一気呵成に行こう。

追記(2012.12.23記)

自動車運転免許はおそらく国内で一番有名で一番所持者が多い免許です。
私自身も今までいろいろな資格や免許を取得しましたが、運転免許ほど有名で有用な資格免許は他にありません。

私もそうですが、自分に自信が持てないと資格免許に走りがちです。
しかしながら、資格免許を所持していることと使用できることはまったく別物です。
まれに資格免許をたくさん持っている「資格マニア」とも言うべき人に会いますが、きっと上記の意味を痛感しているはずです。

いくら資格免許の数が多くとも、実が伴っていない資格は無いのと一緒です。
三流ライセンスに逃げないようにしましょう。

サイト内リンク