トップ > コラム > コラム No.823
 
トップ > コラム > コラム No.823

#823 / 2012.12.15

2つのルート

人生には2つのルートしかありません。

通るだけで苦しい道と、通ることが楽しい道です。

アリとキリギリスよろしく昔ながらの考えに基づけば、苦しい道の先には楽があり、また楽な道の先には苦労が待ち受けていると考えられがちです。
しかし苦労すれば必ず報われるわけではありません。

いずれの道でも、通り抜けるには時間がかかります。
そして失った時間は取り戻せません。

修行僧のように何かを見いだせるならば通る理由になるかもしれませんが、必ずしも何かを見いだせるわけではありません。
もしも何も見いだせなかったら、そのために貴重な時間を失ってしまうほうが非常にもったいないことです。

苦労を我慢したからといって誰もあなたの時間を取り戻してはくれません。
いやいや走らなければいけないルートなら走らない方がマシです。

人生でムダにしている時間はありません。
十年後、二十年後に振り返ってみたとき、心から楽しかったと胸を張って言えるルートを,あなたは今走っていますか?

もしそうでないなら、ルートを変えるか今走っている道を楽しくするかです。

楽しいルートを開拓しよう。

サイト内リンク