トップ > コラム > コラム No.81
 
トップ > コラム > コラム No.81

#81 / 2001.10.03

アドヴァンススター

〜Blueish Challenger〜

同じ学び舎にいました。

彼は心理学を専攻したいと言っていたのです。

理工系学部に在籍していたにもかかわらずです。

彼は、はじめは周囲の声を聞きすぎていました。

だから一度は、不本意な状況下にいたのです。

やりたいことと現状が違う。

おそらく葛藤しつづけたに違いありません。

これでいいのか、と。

そして、彼は学び舎を去りました。

それから4年。

彼は絵を描いていました。

正確には、学校の課題で企業向けポスターを仕上げたのだと言います。

彼の瞳に、当時の迷いはありませんでした。

紆余曲折を経て、彼はやりたいことを見つけ出したのです。

素晴らしい。

小さな星はブルーイッシュシルバーの輝きを放っていました。

さて、周りを見渡せば、

心理学と絵は関係ないだろうという人がいます。

視野の狭い人です。

目的地しか見えない人間は、回り道の楽しみを知りません。

つねに最短経路を通るだけでは、人生はつまらないものとなるでしょう。

カーナビの指示に従うだけのロボットになりたいとみずから宣言しているのと同じです。

何も悩まなくてもお答えが導き出されるのは、思考停止状態というに等しいでしょう。

もしかしたらあなたは、お答えが導き出されるのを期待しているだけではありませんか。

ここは右の道ですよ、次は左ですよと、音声指示がないと満足に走れないのではないですか。

ガイドライン付きの人生など最悪です。

そもそも、誰が「お答え」を導き出すのか言えるものなら言ってほしいくらいです。

笑うしかありません。

やりたいことがないと嘆いている人も同じです。

「やりたいことがない」なんて、うまい言い訳です。

本当は「やりたいことがない」のではなく、やる気なんかサラサラないのではないですか?

お答えを与えてもらわないと何もできないことを、永遠に隠し続けるつもりですか?

一生死ぬまで待つか今すぐ気づくか、です。

もう待つのはやめましょう。

待つ暇があったら、いろいろ挑戦してみましょう。

興味あるからちょっとやってみた、なんて最高です。

そうして、人間は前進していく。

そうして、人間は進歩していく。

そして彼は、自分の力で今を築いているのです。


いかがでしょうか。
数あるライバル達の中から、厳選して10人挙げてみました。
もちろん、クルマを持たないライバルも中にはいます。

もはや、クルマがメインの戦いではありません。
生き様の戦いなのです。

こちらは、己の信念を表現していくのみです。
そのかわりに、彼らの信念から見習うべき部分を吸収していきます。

彼らから学ぶべき点は非常に多いです。
ライバルに恵まれたことは、私自身、非常にラッキーなことです。

ライバルこそ財産だ。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク