トップ > コラム > コラム No.804
 
トップ > コラム > コラム No.804

#804 / 2012.08.05

渋滞情報

ラジオをつければ流れる渋滞情報。
聞けば聞くほど、1つの疑問を感じずにはいられません。

毎回渋滞する箇所が分かっているのに呼びかけるだけですか?、と。


まず情報を知ることは大事です。
そのために、その時点で正しい情報をつかんでおく必要があるでしょう。
それには正しい情報を発信する仕掛けがなければいけません。

しかし、それはあくまで対処療法でしかありません。
知ったからと言っても渋滞したルートを通らざるをえないときもあるし、渋滞を回避する別ルートでは余計に時間がかかってしまうこともあります。
そもそも渋滞に巻き込まれていたら、渋滞情報は現実の確認にしかなりません。

結局、情報を得てもどうにもならないのです。
それなら、交通量に見合った道路整備をしてもらったほうが有効です。

情報を発信する側は、情報の受け手がどう行動を起こせるかを考えて情報を出すことが大事ではないかと思います。
ただの通知だけなら誰でもできますし、不要な情報を与えて混乱させてはいったいなんの情報発信なのかわかりません。

仕事における報告や連絡だけでなく、最近はSNSやブログ等で個人からの情報発信も当たり前に行なわれています。
だからこそ、その情報発信が相手に何をもたらせるのかを常に考えながら発信しなければいけないでしょう。

相手の利益不利益を考えた情報を発信しよう。

追記(2012.08.05記)

当サイトを始めて12年目ですが、そうしたことを常に考えて発信しているつもりです。
ただ、つもりで終わってしまうこともあるので、今一度自分でも考え直さないといけませんね。

サイト内リンク