トップ > コラム > コラム No.80
 
トップ > コラム > コラム No.80

#80 / 2001.09.30

Ms.ボーダレス

〜Ms. Borderless〜

実は、同じバイト仲間でした。
実は、同じ街の高校生でした。
実は、同じ共通の友達がいました。

初めて会った相手にたいして、人間は共通の話題を見つけようとするものです。
生まれも環境も違う人間なのに、意外と同じ考えを持ったりしていたりします。
共通項は、コミュニケーションへの糸口をみつけだすのに非常に有効です。

彼女とは、先に挙げた3項目が共通項でした。
ちょっと話しかけてみたのがきっかけだったのです。

気がついたらいっしょにカラオケしたり、飲み会で同じテーブルにいたりしました。
人間関係は思いがけず築きあげられるものです。

かくして、彼女とは知り合ったのです。
しかし、よく考えてみると日本人はこういった人間関係作りは苦手ではないかと思う時があります。

人間関係を作る前に、まず枠組みを作ってしまってはいないでしょうか。
あの人はどこそこの所属だから、こういう立場だからと考え込むと、人間関係など作れません。

彼女とは、そもそも出身校が違います。
学校が違う、部活も違う。
一見、共通していません。
そこで、違うといってせっかくのコミュニケーションを踏み潰してはいないでしょうか。

実は、私はそう思っていたのです。
共通項が違うのに友人になれるのか、と。せいぜい知人どまりなのでは、と思っていました。
当時は今みたいにいろいろ旅をして見聞を広める事をしていなかったので、視野が狭すぎたのです。

私のくだらない固定観念をぶち壊してくれた彼女に、境界を作るなと教えられたような気がします。
シルバーのコンパクトワゴンは意外と侮れません。
こうしてライバルが増えていくのは、とても楽しいことです。

出身にはこだわらないでほしいものです。
これからも宜しくお願いします。

くだらない括りは棄てよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク