トップ > コラム > コラム No.799
 
トップ > コラム > コラム No.799

#799 / 2012.07.01

駐車場でのマナー

どこにいても、見られても恥ずかしくない振る舞いを意識しましょう。

近年、高速道路のSA・PAや道の駅で睡眠をかねて滞在するドライバーが増えてきたように感じます。
私も何度もやっていますが、あの気ままな感じは言葉では表せないほど楽しいものです。

しかし、人が増えたぶんだけマナーを守らない人も増えるものです。
家庭ゴミを不法投棄したり不当に長く滞在する行動が社会問題化しつつあるようです。

こうした一部のドライバーによるマナーの悪さを受けて、日本RV協会から公共駐車場でのマナー厳守10ヵ条が提案されています。

  • 長期滞在を行わない
    道の駅や高速道路のSAPАなどは宿泊施設ではないので、そこにおける休息は、必要最小限の仮眠にとどめ、連泊長期滞在を行わない。また、キャンピングトレーラーを公共の駐車場に車両を放置して、むやみにヘッドのみで遠出をするようなことは避ける。
  • キャンプ行為は行わない
    道の駅やSAPAなどでは、たとえ短時間の休息であっても、オーニングを広げたり、椅子テーブルバーナーなどを車外に持ち出して、キャンプ場代わりに使わない。
  • 電源から電気を盗まない
    公共駐車場の洗面所を利用して食材を調理したり、そこの電源をキャンピングカーに接続したり、その電源を利用して炊飯したりしない。
  • ゴミの不当投棄はしない
    旅行中や移動中に発生した生活ゴミは、ゴミ箱があっても投棄しない。(基本的にゴミは持ち帰りを心がける)。
  • トイレ処理は控える
    公共駐車場では、カセットトイレやポータブルトイレの処理およびその施設の水道設備を利用した給水は、できるかぎり控える。
  • グレータンクの排水は行わない
    生活排水用のグレータンクの処理も、その場で垂れ流したり、側溝に流したりしないように心がける。
  • ジェネレーターの使用は禁止
    公共駐車場におけるジェネレーター(発電機)の使用は、時と場合を充分に考慮し、他の利用客が休息しているときや近所に民家があるような場所では使用しないようにする。
  • オフ会の待ち合わせは慎重に
    オフ会やクラブミーティングで公共駐車場に集合する場合は、他の利用客から駐車場を占拠して騒いでいると誤解されないように振る舞う。
  • 車椅子マーク駐車場には止めない
    「道の駅」や高速道路のSАPАにある車椅子マークの駐車場には、健常者のみが乗車している場合は駐車しない。
  • 無駄なアイドリングをしない
    無駄なアイドリングによる排気ガスの流出や騒音は、大気汚染や地球温暖化にも悪影響をもたらすので、エンジンストップを心掛ける。

<出典:日本RV協会 公共駐車場でのマナー厳守10ヵ条

滞在を目的としたキャンピングカーならではの項目もありますが、ゴミの不法投棄や車椅子マーク駐車場、あるいは無駄なアイドリングなどキャンパー以外でも考えなければいけない項目はあります。

冒頭で「見られても恥ずかしくない」と書きましたが、見られても恥ずかしく感じなければいいのかというとそうではありません。
若いお母さんの中で「見られているからやらないで」と子供に諭す人にも言えますが、見られていようといまいとマナー違反ですからやってはいけないのです。
場所がなくなる、掃除をしなければいけない、騒音に悩まされるなど、迷惑を被る人が1人でも現れることをしてはいけません。

公道でも駐車場でも、最低限のマナーは守りましょう。
楽しいドライブの第一歩は、まず自分の心からです。

マナー違反を意識する感性を持とう。

サイト内リンク