トップ > コラム > コラム No.797
 
トップ > コラム > コラム No.797

#797 / 2012.06.17

リラックスレイディオ

忙しい毎日を送っていると、移動中のラジオが数少ない楽しみになるものです。
上司や同僚を乗せるときには、BGMがわりにもなるので重宝しています。

ただ運転しながら聞くだけなのに、脳ではさまざまなことを考えるものです。

このDJさん、毎朝早く起きて大変じゃないかな?
今の視聴者とのやりとりは好感が持てるから、自分も真似してみようかな。
ラジオショッピングで商品説明をしている人は、どうすれば実物を見せているわけでもない視聴者に欲しいと思わせるのだろう?

私の場合、上記のようなどうでもいいことを考えていたりします。

よく考えてみると、ただ聞いているわけではなく聞きながら自分の考えを発しているのだから対話と一緒なのです。
そしてなぜ対話できているのかを考えれば、リラックスして相手の言葉が理解できているからです。

リラックスしていると相手の言葉も呑み込みやすいのです。
考えてみれば確かにそうで、怒っているときや泣いているときに冷静に話を聞ける人は少なくて、たいていの場合、話の途中で「でも」と反論します。
そして、感情的になって話が収束しないまま無駄で無意味な時間を過ごしてしまうのです。

端的に言えば、けしてイエスマンになれというわけではなく、ひとまず相手の話を聞いてみませんかということです。
自分の主張を通すだけの話術は、けして会話ではないのです。

リラックスして話を聞こう。

サイト内リンク