トップ > コラム > コラム No.79
 
トップ > コラム > コラム No.79

#79 / 2001.09.30

サイバーサヴァイヴァ

〜Cyber Survivor〜

彼は、電脳世界を生きる男です。
コンピュータ好きがこうじて、大学院まで進みました。
日々研究にいそしむ姿は、まさにプロフェッショナルといってふさわしいでしょう。

コンピュータ好きというと、現代社会では暗いイメージを持たれる場合が、ままあります。
「おたく」とよばれる人達です。
しかし彼は、おたくではありません。

彼とおたくは決定的に違います。
同じ世界でも、生きる次元が違うのです。

次元について少し考えてみましょう。

まず、1次元<線>。
算数で習った数直線の世界です。
横軸にどれだけ移動できるか、つまり物差しの世界です。
プラス方向にいくつ、マイナス方向にいくつという考えです。

次に2次元<面>。
1次元は「線」でしたが、2次元になると「面」になります。
つまり横軸に縦軸が加わるのです。これはグラフの世界です。
(x,y)の座標で自分の位置が見えてくるのです。

それから3次元<立体>になります。
「面」+「奥行き」、2次元に高さが加わります。
これは私たちが今生きている、現実社会です。
その証拠に、緯度経度に高度が存在します。

非常に乱暴な言いかたですが、「おたく」は2次元で生きています。
紙やコンピュータのディスプレイに描き出されたイラストは、とてもきれいです。
本やデータで存在する文に感動することもあります。

それは否定しません。
イラストや文に感銘を受け、人間は成長するものです。
むしろ、それらに感銘を受けられなくなったら、それこそ感性の欠如したロボットでしょう。

ではなくて、2次元世界に映るものに異常に執着しているように見えてしまうのです。
だからあえて、2次元で生きていると書きました。
次元が異なると影になる、と聞いたことがあります。
つまり、こちらからは本質が見えないのです。
するとあまり宜しいイメージを持たれにくくなります。
これが「おたく」に対する偏見でしょう。
まず、偏見は改めましょう。

さて、次元にはもう1つあります。
それは4次元です。
「立体」に「時間」という要素が加わると4次元になります。
今日の3次元、明日の3次元、明後日の3次元。もちろん過去の時点での3次元もあります。
そうやってみていくと、3次元を時間軸で表わすことができます。

彼は3次元を通り越して4次元で生きているように思うのです。
3と4の違いは何でしょうか。
3次元は、現実世界に生きているだけです。
4次元はさらに、時間の流れがあります。
研究者である彼は、今までの積み重ねがあって研究者になっているのです。
天下りや七光りで要職に就いた「ポッと出」の人とは違うのです。

過去の積み重ねでその人がいます。
生い立ちからの失敗や感動をすべて凝縮して、現在があるのです。
先祖からの知恵や教えがあって、その人格があるのです。
そういった近い過去、そして遠い過去からの潮流をまったく無視してはいけません。

己の経緯を、血の繋がりを否定する必要などありません。
彼がクリアホワイトのセダンを選んだのも、大きな流れの中にある一つの構成要素なのでしょう。

それがあるから今があるのです。

時間の流れを意識しよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク