トップ > コラム > コラム No.78
 
トップ > コラム > コラム No.78

#78 / 2001.09.20

トウキョウガール

〜TOKYO Girl〜

「東京へ行くんだ」
そう言い残して、彼女は東京へ行ってしまいました。
まだ桜の咲かない、高校を卒業したあの年の3月。

連絡は絶えていました。
正直、忘れていました。
地方都市で学生をしていた私は、東京へ行く機会などまったくなかったのです。

今年5月に、久しぶりに再会しました。
処世術も身に付けた彼女は、まさに女でした。

すこし焦ったことを覚えています。

自分は成長しているのだろうか。
自分の走る道は、平坦過ぎやしないか。

人間とは不思議なもので、自分と同じレベルの人間にしか出会えないものです。
イタリア語を本気で勉強している人には、同じような人に出会います。
もしかしたらフランス語勉強家に会うかもしれません。
方向性は違えど、その人の持つオーラで出会いが決まるのかもしれません。

だから、つまらない人間にはつまらない人間しか集まりません。
そして、積極的な人間には積極的な人間しか集まらないものです。

「つまらない」は、どんな主語がついても禁句です。

自分のオーラの強さが出会いに制限をつける、どんどんそうなっていくのでしょう。
そう考えると、彼女は私の見える世界からもっと上の次元へ進んでいってしまったように思います。

上の世界にいれば下を見おろせますが、下の世界にいるままでは上は絶対見えません。

私より彼女の次元が高いことに、正直焦りました。

でも私は、抜かれたら抜き返す性分です。
次に会う時は、彼女が焦る番でしょう。

東京で生きる彼女には、妖艶の黒が似合います。

「つまらない」ならオーラを高めよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク