トップ > コラム > コラム No.775
 
トップ > コラム > コラム No.775

#775 / 2012.01.16

人生のギアシフト

常に新しいギアへシフトできるよう、意識しておきましょう。

エンジンに限界回転数があるように、人間にも「これ以上頑張っても無理」な状態はあります。

どんなに頑張っても1日は24時間しかないのだし、体力には限界があるのです。
いくら残業ばかりこなしても給与は増えないし、簡単な問題ばかり解いても学力は身につかないのです。

それを続けても伸びしろが無い状態なのに、現状と同じことを精神論で頑張ったところで結果が伴うはずがありません。

大事なことは、走りながらも新しいギアを模索し続けることです。

AT車は速度に応じて自動的にギアをシフトしてくれますが、私たちのギアは各自が適切な時期にシフトしなければいけません。
言い方を換えれば、今までの考え方を一つ一つ検証し、見直したものはすぐに行動に移すことです。

すべてのことを自分一人で抱え込めば、時間も体力も無くなります。
これを脱するためには、自分と同等以上の能力をもった人間を自分の分身として育てたり、収入を不動産や株式からの配当利益など勤労以外からも得られるようにしていくことです。

逆に、やるべきと考えていた無駄なことを少しずつやめていくことも、シフトです。
保険の加入、テレビの視聴、そして義理の人間関係。
常識と考えていたものが永遠に常識であるものとは限りません。

いつまでも同じギアで引っ張り続けることはできません。
自分が思うよりもリミッターは意外な場所にあったりするものです。

ただしクルマのシフトとは異なり、いきなり結果は出ません。
少しずつシフトしていきましょう。

新しいギアを模索しよう。

サイト内リンク