トップ > コラム > コラム No.771
 
トップ > コラム > コラム No.771

#771 / 2011.12.25

赤れんちゃん

赤信号が連続すると、少しげんなりします。
前へと進みたいのに、重ねがさねストップを言い渡されているような感覚を受けます。

赤信号は自分の進行を足止めするという意味で、人生上の困難に少し似ています。
いつかは青信号で進める日が来るでしょうが、いつになるかは何とも言えません。
押しボタンを押すかのごとくみずからアクションを起こして青信号にすることができるかもしれませんし、ただひたすら青信号に変わるのを待つだけのつらい時期を過ごさなければならないかもしれません。

困難は、乗り越えると達成感やそのレベルの困難を見切る能力を得ることができます。
もし何度も同じような困難が訪れるようであれば、やり方が間違っているのかもしれません。

困難をわざと拾って、今後同様の困難を避けていけるようにすることです。
赤信号が続くということは、将来大きく足止めを喰らわないようにするための近道を歩んでいるということです。

積極的に困難にぶち当たろう。

サイト内リンク