トップ > コラム > コラム No.77
 
トップ > コラム > コラム No.77

#77 / 2001.09.18

白銀色の芸術家

〜Heroic Artist〜

画家であり、小説家でもあります。
何かを表現することに、プロやアマチュアなど関係ありません。

表現することは、いたって自然なことです。
人間には表現欲があるのだから、抑えため込む必要はないのです。

芸術家は、「鏡」です。
いろいろな出来事を見つめながら、鏡から見た姿を映し出していけばいいのです。
しかし、見たものをありのままに表現する必要はありません。

はね返す光加減で、違う姿を映し出してあげればいいのです。

彼女の記述に、産む苦しさはとてつもない、とあります。
それは勘違いです。
産むのではなくて、映し出していくものです。

だから、いろいろモノの姿を見ることから始まればいい。
なんでもいいのです。

勘違いしないで欲しいのです。
「なんでもいい」のです。
心に残る映画や感動した書物だけが、被写体ではありません。

サラダを食べた。駅まで歩いた。
そんななんでもないことが、いい被写体になりえるのです。

すこし視点を変えれば、おもしろい題材なんてゴロゴロ転がっています。
だから、世界一の美人を映し出す鏡は、必ずしも目前の人物を映し出すとは限りません。

メタリックシルバーのハッチバックは、何を映すのでしょうか?

小さなモノから魅力を引き出してみよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク