トップ > コラム > コラム No.766
 
トップ > コラム > コラム No.766

#766 / 2011.11.20

笑顔と感謝

その方からは、笑顔の大切さを教えていただきました。
その方からは、地域の人へ感謝する心を教えていただきました。

走り続ける以上、自分ひとりではなく必ず相手が存在するものです。
そうした人達に笑顔でいること、そして感謝すること。
これらを忘れてはいけません。

その方は、今でも笑顔です。
笑う門には福来たる、とはよく言ったものです。
笑顔は、たくさんの人に伝播します。
他人に笑顔を広められるということは、本当に素晴らしいことだと思います。

その方は、たくさんの人に感謝し、そしてたくさんの人から感謝されました。
感謝することはできるようで思うようにできないものです。
そして、よっぽどのことがなければ感謝もされないものです。

走りながら、誰かを笑顔にし、そして誰かに感謝し感謝される。
こんな走り方ができるよう、もっと精進したいと心から強く願います。

誰か一人でも幸せにできる走りを魅せられたら、こんなに素晴らしいことはありません。

同じ時間を共有できただけでも幸せにできる。
そんな走りができたら最高です。

笑顔で他人に感謝しよう。

追記(2011.11.20記)

今年は震災や原発事故など、たくさんの哀しみがあった年でした。
その心労からか先日、私の大変お世話になった方も亡くなってしまいました。

一介の若輩者に対し懸命に説いてくださったあのときの笑顔が忘れられません。
本当に、本当にありがとうございました。

サイト内リンク