トップ > コラム > コラム No.74
 
トップ > コラム > コラム No.74

#74 / 2001.09.11

月下美人

〜Moonlight〜

彼女とはクルマでは勝負しません。
免許のない人間を攻撃対象にするほど、私は非道ではないのです。

彼女は歌姫です。ドライバーではありません。
でも、そういう生き方もあるのです。

歌の世界だと、私は苦戦を強いられます。
肺活量だけでは太刀打ちできません。

得意分野が違うのに、異種格闘することはないのです。
ではなくて、互いの得意分野を提供すればいいのです。

私は、移動の手助けをすればいいし、彼女は歌を歌ってくれればいい。
そんな具合です。

彼女のイメージカラーはとてもつかみにくいです。
そのつかみ所がない分、非常にミステリアスでもあります。

あえて挙げれば、月の色。
月夜の白、十五夜の黄、夕焼けに染まった赤。

純白の白、若々しさの黄、情熱の赤ともいえます。
思えば、彼女のいろいろな一面をかいま見た気がします。

また会った時には、歌っていただきたいのです。
月の満ちた夜にでも。

得意技を提供しよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク