トップ > コラム > コラム No.73
 
トップ > コラム > コラム No.73

#73 / 2001.09.11

ボクサーギャンブラー

〜PerlWhiteギャンブラー〜

勝負師は一発勝負屋だというのは、間違いです。
常に小さな勝負を繰り返して、大勝ちするためのデータを蓄えているのです。

たくさん集めたデータを分析し、それをノウハウとして活かす。
こういう相手が、一番手ごわいのです。
倒しても倒しても必ず立ち上がってくる。
まるでボクサーです。

あざやかなクロスカウンター1発のために、わざと小さな負けを拾って免疫をつけていくのです。
外野はカウンターしか見ていないから、あたかも一発勝負屋のように思えてしまうのです。

彼とは長期戦になることが多いです。
抜きつ抜かれつのデッドヒート。
まだまだ序盤なのに、です。

彼は、常に勝ちパターンを編み出し続けています。
次に会う時は、前に会った時の攻撃方法は通用しません。
だからこちらも、精進しなければなりません。
彼には彼なりの走り方があるし、私には私流の走り方があります。
質は違えど、精進させ続ける信念は同じなのです。

むしろ、これからも終わりは見えてこないのでしょう。
彼はめげないから。
つき離したと思ったら、リアビューミラーにパールホワイトのセダンが映っているのです。

うかうかしていられません。
生き様では負けられません。

ともに精進しよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク