トップ > コラム > コラム No.728
 
トップ > コラム > コラム No.728

#728 / 2011.03.06

シフトダウン

仕事でへまをしてしまった日。
勇気を出して告白したのに全力でふられてしまった日。
絶対に落とせない試験を落としてしまった日。

人間は生きている以上、誰しもが何らかの挫折を味わうものです。
そんな時、多くの人はそれをレベルダウンと捉えてしまうかもしれません。

なかには、失敗をずっと引きずってしまう人もいます。
私自身もきっぱり割り切れる人間ではないので、過去の失敗を何度も思い出してしまうことがしょっちゅうあります。

そういう時は、レベルダウンではなく「シフトダウン」だと考えるといいでしょう。

時速60kmで4速2,700回転だったとして、3速では4,000回転、2速では6,400回転というように、ギアを落としても、速度に見合ったエンジン回転数は得られます。
ギアを1つ2つ変えたところで、相当のポテンシャルを有しているということです。

健康ドリンクの成分よろしく、単位を変えただけのようなものです。
1000mgというと結構な量が含まれているように見えますが、実際は1gというのと一緒です。

同じ量であるのに、単位やギアといった物差しが変わるだけで表現が変わるのです。
つまり、たとえ否定的な表現をされても、見方を変えればものすごく肯定的な表現に変えることもできるということです。

何かで失敗をしたとしても、あなた自身まで否定されたわけではないのです。

そもそも真剣に取り組んでいるから失敗することが悔しいのであって、失敗しても悔しくないというのは真剣ではないということです。
ポテンシャル値は秘めているのですから、正しい方向にどんどんチャレンジして活路は見いだしていくことが最善の道でしょう。

経験は裏切らない。

追記(2011.03.06記)

ちなみに、今成功している人達は我々凡人よりチャレンジ数の絶対値が圧倒的に多いといわれています。
たかだか数十や数百の挫折でめげず何度でも立ち上がること、これこそが成功の秘訣かもしれません。

サイト内リンク