トップ > コラム > コラム No.72
 
トップ > コラム > コラム No.72

#72 / 2001.09.11

WRシンデレラ

R4にはライバルが多くいます。
ライバル達は車種を問いません。

セダンあり、ワゴンあり、SUVあり。
クーペだけがライバル候補ではありません。

彼らは、独自の哲学を持って走っています。
なかなか譲らせてはくれない走りをします。
そんななかで、追い越しやすれ違い、あるいは併走しながら駆け抜けていくのです。

数あるライバル達を、ここに記します。

〜WineRedシンデレラ〜

ワインレッドのワゴン。
おとなしい容姿とは裏腹に、スタートダッシュでは思いっきり引き離されるのです。
天性の伸びやかさは、高回転エンジンの伸びにも現れています。
大人しさと過激さ。
この裏切りが、また痛快です。

勢いよく6,000回転オーバーまでまわすかと思えば、2,500回転キープ巡航もできる。
つまり状況順応力が優れているのです。

加減速一本槍だったりもします。
それは、アクセルもブレーキも目いっぱい踏むから。
不器用です。中間がないのです。
しかし、そんな言葉でくくってはいけません。
常に本気モードということです。

ぶつかり合うライバルとしては最高です。
相手も手を抜かないから、こちらも手を抜けません。
手を抜くと必ず見抜かれます。
だから、シンデレラとは常に真っ向勝負です。

おかげで、手を抜かれてあしらわれることはありません。
その安心感もあります。
手を抜かれることは、むしろ一番つらいのです。

ずっと本気でかかって来てください。
いつまでもお相手しましょう。

12時をすぎても。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク