トップ > コラム > コラム No.713
 
トップ > コラム > コラム No.713

#713 / 2010.11.22

踏むか、緩めるか

あなたは、無意識のうちにアクセルを緩めてしまってはいませんか?

アクセルを緩めるとどうなるでしょう。
もちろん減速します。
徐々にかかるエンジンブレーキと、タイヤの摩擦抵抗で速度が失われていくからです。

しかしそれは、MT以外だと気づきにくいでしょう。
クラッチの機構上、動力伝達を完全に切断できないため、アクセルオフでも減速しにくいのです。
気づくかどうかはともかく、アクセルを緩めている以上、クルマは減速します。

言い方を変えれば、ある一定以上の加速を与えていないと、積み上げてきた速度を失っていくともいえます。

これは人間の生き方にも相通ずるものがあります。

未来は今までの自分の積み重ねでできている、ということを聞いたことがあります。

仕事で言えば、今日稼げている分は過去に覚えた能力とか築き上げてきた肩書きから成り立っているのです。
勉学で言えば、過去に基礎を覚えたからこそ現在で応用問題が解けるのです。

だから今、おいしい思いができているのは、過去に稼いだ分があるからです。
つまり今の自分は、過去の自分が頑張って積み重ねた分を食いつぶしているとも考えられます。

今ここでアクセルを踏むも自由ですし、緩めるも自由です。

踏めば、よくて加速、最悪でも減速幅は最少に抑えることができます。
緩めれば、今が絶頂で後は失速するだけです。

ちなみに静観する人もいるでしょう。
しかし静観は、何もしないということなので緩めることと同じです。

どちらがいいとは言いません。
あくまでも自分の価値基準で判断し行動するだけです。

ただし緩めるを選んだ場合、年数が経ったとき、踏むを選んだ人と比べ圧倒的な差に気づいてしまうでしょう。
それでも不平や愚痴は、発しないでください。

誰であろうと平等に、今までの自分の積み重ねが今の姿、なのですから。

未来は今の延長にあることを知ろう。

サイト内リンク