トップ > コラム > コラム No.697
 
トップ > コラム > コラム No.697

#697 / 2010.08.02

空腹のすすめ

何時間も運転をすると、お腹が減ります。

空腹は正常な判断能力を奪います。
特に運転中、市街地を走っているとスーパーやコンビニにふらっと立ち寄りたくなります。
買わなくてもいいデザートやジュース、お菓子などを買い、ひと時の充足感を得るものの脂肪量増加に後悔します。

空腹はイライラを招きます。
とにかく速く移動したいし自分のことで精いっぱいだから、遅いクルマの動きそのものがいちいち癇に障ったりするのです。

空腹はやる気をも奪っていきます。
脳の思考の大部分がお腹を満たすことに尽力し始めるような気すらします。

空腹は不幸せです。
しかし、空腹時こそ冷静になれるチャンスです。

一説には、空腹は判断力、注意力、そして記憶力が増すといわれています。
空腹は自らの生存に関することなので、生物の本能として脳を活性化させ窮地を乗り切るのだそうです。

お腹いっぱいの幸せ気分でいるより、少し飢餓感があったほうがさまざまな思考ができるものなのかもしれません。

極端なダイエットでもしていない限り、日本で過不足なく食べていけているあなたは、今食べなくても死なないはずです。
安易に口にほおばる前に、たまには我慢をしてみることも大事なことではないでしょうか。

空腹を楽しもう。

追記(2010.08.02記)

ハンバーガーとか牛丼とか、つまんないファーストフードで腹を満たすくらいなら、空腹のほうが断然いいです、私は。

サイト内リンク