トップ > コラム > コラム No.69
 
トップ > コラム > コラム No.69

#69 / 2001.09.05

すえぎり

すえ切り。
止まったままステアをきることをいいます。

すえ切りは、絶対クルマに良くありません。
タイアを傷めるし操舵系も傷めます。
私は絶対にすえ切りは勧めません。

ところが、すえ切りを技にしている人もいます。
例えば、縦列駐車。

縦列駐車でクルマを道路の左脇におさめると、タイアは右を向いている状態になります。
クルマはまっすぐで、タイアは右向きです。
出るときはこのまま出ればいいのです。

しかし、すえ切り君は、ここからさらにタイアをまっすぐにしようとします。
グリグリとステアを戻してしまうのです。
だから出るときももう一度グリグリしなければいけないのです。
縦列は、「停めるスペースの前の部分に余裕がない」から、やるのです。
そんなに見てくれや体裁が大事なのでしょうか。

クルマを傷つけながら、見栄を張っているようにも見えます。
自虐しながらの見栄は、とても見苦しいです。

駐車場でバックに移るときも、すえ切りさせる人がいます。
そうじゃなくて、バックにいれる前の徐行中にタイアの向きを逆向きにしておけばいいのです。

すえ切りは、強いることであり、強制です。
やみくもに強制すればいいわけではありません。

強制することでダメにしてしまうことが多いのです。

まだハイハイしかできない赤ちゃんを、いち早く立たせようとすると骨格が形成できません。
勉強しようとしている子に、親がさらに宿題をしなさいと言っても効果がありません。
左利きの箸の持ち手を、右持ちにさせるのも矯正であって強制です。

強制ばかりでは、いつかは破綻するものです。
締めるところは締める。
緩めるところは緩める。

緩急のない人生なんかつまらないものです。
直線も、ワインディングも、市街地もみな同様です。
複合コースだから人生は面白いのです。

8締めたら2緩める。
そのくらいが、人生楽しいのではないかと思うのです。

停める時はすえ切りしない。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク