トップ > コラム > コラム No.688
 
トップ > コラム > コラム No.688

#688 / 2010.05.31

見栄っ張りを看破する1つの質問

カッコいい新型車を乗りまわし颯爽と駆け抜ける人に、最近幾度かすれ違います。

今、私は片道40km弱の一般道を通って朝晩通勤しています。
その半分は片側1車線道路ですれ違う対向車を横目で見ながらふと、高級車が何台か混ざっていることに気づきます。

さすがにその運転手まで凝視することはほとんど無いし、そもそも誰がどんなクルマに乗ろうが構わないのですが、自動車ローンについて調べたこともある手前、他人事ながら毎月いくらぐらい返済義務を負っているのだろうかと考えてしまう自分がいます。

田舎ですからバイパス拡張工事のために土地を売ったにわかお金持ちが、舞い上がって高い車をポンと買ってしまうこともあるでしょう。
または、頭金無しで多額のローンを組んで買ってしまった人かもしれません。
もちろん、対向車としてすれ違うだけではそれぞれの運転手がどんな経緯かまでを知ることはできません。

ただ、身の丈以上のクルマに乗せられているように見えてしまい、見栄っ張りだなぁと私自身は感じてしまいます。
もちろん、あくまでも主観であることは、念のため言っておきます。

たまたまクルマの話ですが、見栄っ張りはどこにでもいます。

豪華なマイホームにこだわる人、ブランド物をリボ払いをしてまで買ってしまう人、またクルマも購入費用だけでなくドレスアップ費用までローン尽くしの人。

いい物を持っていることに執着したいのか、無茶な買い物なのに返せると信じている計画性のなさをアピールしているのかは分かりません。
他人の経済活動にまで干渉するのは野暮ですが、なかには借金で周囲の人を不幸にしてしまう人もいるから、見栄っ張りな人には気をつける必要があります。

しかし、パッと見でその人が見栄っ張りかどうかは分からないものです。
そこで、相手が見栄っ張りかとどうかを看破する1つの質問があります。

「資産をいっぱいお持ちですね。ところで、あなたの負債額はいくらですか?」

最近の論調ではクルマはポケットからお金を奪うから負債と考える人がいます。
個人的には納得ですが、一応会計上では、クルマは車両運搬具という、いざとなれば換金できる資産に位置づけられています。
その考えでいけば500万円のクルマを買っていても負債が500万円であれば、差し引きゼロです。
でも支払利息や租税公課(税金)がかかっていくので、長い目で見ればその分資産額が減っていきます。

さきの質問で身の丈以上の負債額を回答したなら、危うさを意識してもいいかもしれません。
なかには、過少申告する人や負債額をまったく把握していないと回答する人もいますが、いずれも現実を直視したくない人なのでやはり危ういです。

いずれにしても見栄っ張りな人は少なからず存在します。
もちろん誰しもが自分をカッコよく、あるいはかわいく見せたいものだし、それは仕方がないことではあります。

ただ、そのために後で自分や周囲を苦しめてしまう見栄っ張りではいただけません。
とくにお金のからむ話になると、途端に人間関係に深い傷が残る問題に発展しがちです。

もし見栄っ張りの人があなたの周囲にいたら、私は申し訳ないけれどこうアドバイスします。
「その人に関わるのはお止めなさい。」

見栄っ張りも人間の性格ですから1日2日で変わるわけではありません。
しかしいろいろな話を聞くと、見栄っ張りな人は1年、あるいは2年先の未来の自分を想像できずに刹那的に今さえ切り抜ければという傾向があるように思います。
そういった人を長期的な視点で考えさせるようになるには、相応の時間やコストがかかりますし、また変わる見込みだって高いとは限りません。

そこまで思い入れるよほどの事情がなければ、申し訳ないけれども今後一切相手にしないことが賢明です。

本当は、急場をしのがせるためにやれることならいくらだってあるのです。
借金で困っているときに払える額を一時的に貸し付けてあげるとか、そういったことは一応できるのです。
でもそれは債務者の借金癖をより付けさせてしまうだけで、債務者もあなたも堕ちていく愚行でしかありません。

ひどいように聞こえるかもしれませんが、けして優しい手を差し伸べることだけが本当の愛情とは限らないのです。
あくまでもひとつの防衛術なのですが、「君子危うきに近寄らず」の言葉通り、はじめから避けることも大事なことではないでしょうか?

負債額を聞こう。

追記(2010.05.31記)

クルマをローンで買う人が多いですが、数年間分の金利を払うくらいなら、一括払いできるよう同じ期間だけ貯金したら良いと思うのですが、いかがでしょうか?

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク