トップ > コラム > コラム No.665
 
トップ > コラム > コラム No.665

#665 / 2009.12.28

信じてくれる人

今年一年、あなたはどんな風に走り続けてきましたか?

小型車のごとく、軽やかに立ち回れましたか?
11tトラックのごとく、さまざまな物や経験を積むことができましたか?
それとも、世界最速のジェットエンジン搭載自動車「スラストSSC」のごとく怒涛に?

なかには、思い出すことすらしたくないという人もいるでしょう。

私もそうです。
俗人ですから、いい想い出よりも悪い想い出が、より鮮明に脳裏に刻まれているのです。
だから良かった事もあるけれど、すぐ思い出すのはあまり思い出したくない出来事ばかりです。

私事を承知で今年を振り返ってみれば、ものすごく辛くてふさぎ込んだ時期もあったし、昨年の今頃では考えられないほど生活状況が一変しました。
その際にひどく傷つけられたこともあったし、逆に自分がなんらかの加害者になってしまったかもしれません。

でも、それでいいと思うのです。

自分がみじめな状況にあるからといって、すべてが敵ではないのです。
必ずどこかに、自分を信じてくれる人がいます。

会った会わないは関係ないのです。
そんな人がいるんだということに感謝できると、不思議と心が折れることはありません。

世の中、敵ばかりではないものです。
まだまだ捨てたものではありません。

どんなときもあなたを信じてくれる人は、誰ですか?

信じてくれる人に感謝しよう。

追記(2009.12.28記)

少なくとも、あなたの最大の支援者はあなた自身です。
そう考えれば、誰も信じてくれる人がいないはずは、ないんです。
そんなあなたを、私は来年も引き続き応援します。
来年もあなたにとって、よい年でありますように。

サイト内リンク