トップ > コラム > コラム No.65
 
トップ > コラム > コラム No.65

#65 / 2001.09.02

低燃費を極めよう

燃費。
クルマを持つうえで、必要経費として真っ先に挙げられる費用です。

一番燃費がかからないのは、すべて徒歩や交通機関を利用する方法ですが、それではクルマを持つこと自体が無駄になります。
そういう人には、むしろレンタカーをお勧めします。

東京や横浜のような大都市ならばそれでもいいでしょうが、地方ではそうも言ってられません。
ましてや通勤通学にクルマを使う場合、高燃費は切実な問題ですし、石油の無駄遣いです。

最近、トヨタ・ヴィッツやホンダ・フィットに、よくすれ違います。
低燃費をウリにしたクルマがよく売れているのも、うなずけます。

driver誌2001年8月20日号(八重洲出版)を読んでいたら、燃費向上の記事が載っていました。
それを参考に、私の経験も交えながら、ここにいくつかまとめてみます。

★燃費向上運転
  1. アクセルワーク
    • できる限り一定速度 : アクセル踏み込み量=燃料使用量
    • 「急」厳禁 : 発進、加速、停止は静かに。
    • エンジンブレーキ : ガソリンを使わない惰性走行で減速する
      1速シフトダウンする。AT車なら2(3)レンジに入れる。

  2. 一般道
    • 道路状況の把握 : 先の信号に合わせながら加減速する

  3. 高速道
    • 走行車線 : 100km/hで流れに乗る。

  4. 軽量化
    • 荷物整頓 : 重量増はエンジン負荷を急激に高める。整理では無意味
    • 軽量化 : 使わないパーツははずす。スキーキャリアは冬場だけ

  5. 意識向上
    • エコドライブ意識 : 精神論。デジタル式燃料計で走行中の燃費表示

  6. 欧州式
    • 早めの一定走行 : 一気に加速してすみやかに定速走行に移る
      アクセルをふかす時間を減らす。

  7. エンジン始動時
    • 暖機運転 : エンジン始動直後に、1速に入れクラッチを繋ぐ
      始動直後はしばらく回転数が高い
      市街地だと邪魔になるので、人通りのないところ限定
      ATでは暴走の危険性もあり、回転数が落ち着くまで待つのが無難

  8. アイドリングストップ
    • 20秒以上停止 : 一回のエンジン始動でアイドリング10数秒分の燃料消費

★低燃費アイテム
  1. オイル/オイル添加剤
    • 成分 : ベースオイル80%に各種添加剤20%を含む
    • 長期愛用のために : できればメーカー推奨品がよい
    • グレード : API規格SJ>SH>SG>SF迷わずSJを
    • 適正温度 : マルチグレードオイルxxW-yy(適正温度幅)
      xx : 適正温度幅下限yy : 適正温度幅上限
      5W-30は、5〜30℃の目安
      低燃費向けはxxが低いものが良い
    • 最近の傾向 : 油膜保持能力やオイル耐久性を高めたもの
      有機モリブデン配合(フリクション低減効果高い)

  2. 燃料/燃料添加剤
    • ガイアックス : アルコール系燃料。単価は安い。
    • 燃料系波動添加剤 : 内燃機関の燃焼を助ける波動が含まれている

  3. 磁力系
    • 炭化水素表面積増 : 炭化水素の組成を、磁力で均一かつ微細にする
      サマリウム・コバルト磁石、ネオジウム磁石が使われている
      直噴、インジェクタ、リーンバーン(希薄燃焼)に効果的

  4. 点火系
    • プラグ : 点火プラグ、プラグコードが主流。体感度は高い
      プラグコードは装着が簡単
    • プラグの中心電極 : プラチナが一般的、イリジウムは高速むき
    • プラグの効果 : 中低速トルク増、始動性向上、燃費向上
      ノッキング減、アイドリング安定、排ガス浄化
    • インデクシング : 接地電極の方向合わせ
      インマニと90度の角度で接地電極を向ける
      接地電極が陰になって、スワールの燃焼ロスを防ぐ

  5. 吸気系
    • 目的 : 空気に磁力線をぶつけイオン化し、燃焼効率をあげる
    • トルマリン : 電気石。ただし価格が高い
      燃費向上、出力およびトルクアップ、排ガス浄化、黒煙減少

  6. 排気系
    • 排ガス負圧発生装置 : 燃焼後の排ガスをスムーズに排出、価格高め
      速度域で燃費向上がまちまち、ディーゼルは黒煙減少も

  7. その他
    • 各系統1つが目安 : あまり干渉しすぎるのもよくない
    • 省燃費タイア : ころがり抵抗減だけでなく、静粛性を高めたものも
    • タイア空気圧向上 : 空気圧規定値より1割ほど多めに

★クルマ選び
  1. FF小型車
    軽量、かつ駆動ロスが少ない。20km/Lを越える車種も登場

  2. 軽自動車
    排気量に対して重い車重。低燃費小型車におされ気味。
    ただし自動車税などの維持費用が安いので、最終的には安上がり

  3. ハイブリッド
    これからもっと進化するだろう分野。税制優遇制度の恩恵もある
    官公庁や企業などでもっと普及すれば、地球にもやさしい

もっと低燃費に寄与する方法は、あると思います。
とにかく何事も、できるところからやるのが大事なのです。

学んだことは、即、実践してみよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク