トップ > コラム > コラム No.640
 
トップ > コラム > コラム No.640

#640 / 2009.06.28

忙しがる運転手

「忙しい」を連発していませんか?

忙しがることで一生懸命やっている感に浸るのは、ただの自己満足です。

クルマで言えば、ステアを握りすぎている状態です。
代わりに運転できるドライバーがいるのに、私が一番うまいからと運転したがるのです。

いつまでも運転手気取りではいけません。

あなたにできることは、自動運転してくれるクルマに乗り換えるか、代わりの運転手を育てること、です。

自分が効率的にやっていけば問題ない、という人もいます。
確かにそれもひとつの解ですが、1人の人間ができるスピードアップなんて限界があるものです。
自身の効率化に頼ろうとすると、結局、精神論に行き着いて思考停止するのみです。

あなた無しでも進んでいけるようにしないといけません。
さもないと、いつまで経っても、あなたがステアを握り続けなければいけなくなります。

忙しがる人は無能の証、なのです。

代替策を積極的に行使しよう。

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク