トップ > コラム > コラム No.623
 
トップ > コラム > コラム No.623

#623 / 2009.03.09

先取り睡眠

夜とて万能ではありません。

なんとなく、寝ずに深夜頑張ったほうが物事が進むような気がします。
他人が眠っているからこそ、自分の思い通りに進むような気がします。

これは不正解です。

疲労が蓄積してモチベーションが下がることも一因ですが、夜やれば何とかなると夜を切り札化してしまうからです。

切り札はいざというとき使うから切り札なのです。
常習化してしまっているようであれば、それは負け戦を強いられているに過ぎません。

運転も一緒です。

深夜は赤信号も少なく、また交通量も激減するからスイスイ進めます。
でも疲労は相当たまるし、何より翌日は脳が働かなくなるのでチャラどころかむしろマイナスになります。

そうなると、結局残ったのは夜起きていた事実と自己満足だけでした、ということになりかねません。

目先の稼働率に目がくらんではいけません。
生身の人間が2倍起きていたから2倍の成果を挙げられるわけではなく、せいぜい1.1〜1.2倍くらいのものです。

だったら無理せず、寝てしまいましょう。
わが身を犠牲にする価値観は、かつては美徳でも今では自己顕示にしか捉えてもらえません。

睡眠時間を天引きしよう。

追記(2009.03.09記)

短納期の案件や依頼なら夜を徹する人も多くいますが、そもそもそれが頻発するならば根本的に破綻しているということです。

サイト内リンク