トップ > コラム > コラム No.617
 
トップ > コラム > コラム No.617

#617 / 2009.01.18

最適量

ご飯のとき。
相手に話すとき。
クルマをとばしているとき。

自分が物足りないと思うときほど、実は最適量だったりします。

食べ過ぎれば、脂肪が増える。
話し過ぎれば、相手の言葉を聴く時を失う。
同様に速く走り過ぎようとすれば、周囲との速度が合わなくてイライラを余計に募らせてしまう。

懸命に頑張るほど、自分にとって良い結果が得られるわけではありません。
だったらときにはリラックスして、頑張る努力をやめてみてはどうでしょうか?

あなたが「足りない」と思っているときこそ、実は一番ちょうどいいのかもしれません。

すべての行動を「腹八分目」で通してみよう。

サイト内リンク