トップ > コラム > コラム No.615
 
トップ > コラム > コラム No.615

#615 / 2009.01.05

変わるための課題

きっと今年も、多方面から「厳しい」だの「苦しい」なんて言葉を聞くでしょう。
確かに情勢的にもそうなのですが、そろそろいい加減、マイナスイメージの言葉でめげるのはやめませんか?

本気で現状を変えたいと考えている人であれば、病気で動けないのは別として、どうすべきかを真剣に模索して行動に移しているものです。

そういいながらも怠惰であったり、保護や依存ありきでいいとこ取りでしか考えていない人達もたくさんいます。
しかし、自分の都合よく世の中が回ってくれるはずはありません。
もちろん外的要因で苦境に陥ることもありますが、なんでもかんでも外的要因のせいにしていたらさすがに神様も見放すでしょう。

クルマのエンジンを思い浮かべてみてください。
止まろうが動こうがエンジンを切らない限り、回転数は0ではありません。

アクセルペダルさえ踏んでくれればエンジン回転数は上がるのです。
それを「ギアを入れてもらっていない」だの「サイドブレーキをおろしてもらっていない」だの、挙句の果てには「路面の障害物をどかしてもらっていない」などと他力本願なことを考えているから一向に進まないだけです。

他人やルールを意のままに変えようなんて、どだい無理な話です。
自分にとっての正論が他人の共感を得るかどうか考えてみることが、今苦境に陥っている人達の重要な課題なのかもしれません。

自力本願で行こう。

追記(2009.01.05記)

環境や時代がよろしくないことはわかるけど、だから自助努力は不要というわけでもないよなと思う次第であります。
よろしければ、こちらもどうぞ。
#564 新説アリとキリギリス

追記(2011.11.02記)

文体を変更しました。

サイト内リンク